不用品回収・遺品整理・生前整理・産業廃棄物処分・コンサルティングの合同会社LIVISTA(リビスタ)

不用品をリユース品へ。リサイクルによる資源循環型の社会づくりに寄与します。

Blu

ホームお役立ちコラム【遺品整理・生前整理・不用品回収】 ≫ 【コラム2】遺品整理を行う最適な時期とは ≫

お役立ちコラム〈遺品整理・生前整理・不用品回収〉

【コラム2】遺品整理を行う最適な時期とは

四十九日

一般的には、四十九日法要を終えてからと言われていますが、実は遺品整理に決まった時期はありません。葬儀後間もないうちに遺品整理をしてしまうと故人に申し訳ないと感じる方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。ご遺族の悲しみが癒えるのにしばらくかかりそうな場合は数年後でもいいですし、諸事情により早急に片付けならない場合は、法要後すぐ行ってもいいのです。ご遺族の方が気持ちの整理をつけると決心されたタイミングがいいでしょう。

ただし、賃貸物件の場合は、家賃を支払わなくてはいけませんし、公営住宅の場合は、亡くなってから49日後までに部屋を明け渡す契約になっており、できるだけ早い時期に遺品整理をする必要があります。

では、持ち家(自己所有物件)で時間に余裕があり、個人で遺品整理をする場合、最適な時期とはいつなのか。おすすめする時期は、一般の方が断捨離や大掃除などをする年末時期や、引っ越しシーズン(3~4月頃)はゴミ収集の予約が取りづらいので避けた方がいいでしょう。また、土日祝日も公共のごみステーションがお休みなので注意しましょう。

合同会社LIVISTA

【所在地】 〒366-0801
埼玉県深谷市上野台3149番地7
MG D-01

【電話番号】 048-514-0621

【FAX番号】 048-514-0621

会社概要はこちら

モバイルサイト

合同会社LIVISTAスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら